只今展示期間が終了しております。お雛様をお求めの場合は一度ご相談くださいませ。


雛人形のいわれは

3月3日を女の子の節句としてお雛様を飾ってお祝いするようになったのは江戸のことからだといわれています。しかし、そのルーツは、平安の頃の「ひいな遊び」と人型に自分の厄や災いを移して川や海に流した「流し雛」の行事が結びついて生まれたお祭りです。ひな祭りはひな人形が身代わりになってその子に災いがかからないように、そして幸せに育ちますようにと願いを込めて飾ります。言ってみれば、お雛様は「お守り」。”一人ひと飾り”といわれるのには、そんなわけがあるのです。

雛人形を上手に飾る/しまう

雛人形の飾り方は?

地元のお客様は、スタッフが雛人形を直接飾りつけを行いますが。そのときに良く伺うのは、 来年飾るときに困ってしまう・・・。というご相談。スタッフが、雛人形の飾り方を簡単にまとめました。
是非ご覧ください。

雛人形をしまうときポイント

雛人形をいつまでも長持ちさせるために、片付けるときの注意点をまとめました。
お人形は非常にデリケートですので是非一読くださいませ。

雛人形をしまうとき

「片付けるのがニガテ」というお客様は是非一度お読みください。雛人形のプロであるスタッフが、最適な片付け方をまとめたものをご紹介いたします。


このエントリーをはてなブックマークに追加